最新ギアをチェック

【まとめ】焚火アウトドアコーヒー大全 焙煎や飲み方、醍醐味について

2 min
アウトドアコーヒー コツ

こちらでは、アウトドアコーヒーに関してまとめています。

これからアウトドアコーヒーにチャレンジしようと思っている人や、難しそうだけど実際どんな感じなのかを知りたい人に向けて書いています。

アウトドアコーヒーは、キャンプ場でも気軽に楽しめますよ!

アウトドアコーヒーとは一体何なのか

アウトドアコーヒーとは、基本的にはキャンプ場でコーヒーを飲むことをいい、「キャンピングコーヒー」や「野外(フィールド)コーヒー」といった呼び方もされます。

アウトドアコーヒーの醍醐味は、ロケーションやコーヒーを楽しむゆっくりとした時間を過ごせることや、自家焙煎にチャレンジできることなどが挙げられます。

「様々なロケーション」で「ゆっくりとした特別な時間」に「自分で淹れるこだわり」を。

海、山、川など様々な景色を楽しみながら、キャンプ場でゆっくりと流れる時間とこだわりのコーヒーとの相性は最高です。

寒い朝に飲むコーヒーや焚火を眺めながら飲むコーヒーなど、キャンピングコーヒーはどのタイミングでいつ飲んでも最高です。

アウトドアコーヒーの始め方や始め方について

アウトドアコーヒーで使える道具・ギア一式

焚火を利用したアウトドアコーヒーでは、「焚火」「アウトドアコーヒー 」と必要な道具が大きく二つに分けられます。

アウトドアコーヒーは奥が深いですが、間口は広く初心者にも優しいのでお金をかけずに楽しめる趣味です。

焚火台をはじめとした焚火関係の道具とアウトドアコーヒーに必要な道具をまとめました。

アウトドアコーヒーに必要な道具について

アウトドアコーヒーで楽しめる飲み方(抽出方法)

基本的には、自宅で楽しむことのできる全てのコーヒーの飲み方はアウトドアでもできます。定番のドリップコーヒーをはじめ、パーコレーターやマキネッタなど焚火を利用した直火で楽しめるコーヒーはアウトドアコーヒーならではの楽しみ方です。

アウトドアコーヒで楽しめる飲み方

・ドリップコーヒー
・パーコレーター
・マキネッタ
・フレンチプレス など

必要な道具や手軽さがそれぞれ違いますので、詳しくはコチラの記事をお読みください。

アウトドアコーヒーで楽しめる飲み方について

アウトドアコーヒーで自家焙煎にチャレンジしてみよう!

ある程度アウトドアコーヒーに慣れたところで、一歩進んで焚火を利用した自家焙煎にチャレンジしてみましょう。自家焙煎を行うこと自体は慣れるのが早いですが、奥が深いのでやりがいを感じることができます。

焚火焙煎に必要な道具

・焚火セット(焚火台+薪+着火剤+ライター)
ロースター(煎り手網)今回はユニフレーム 焚火ロースターを使用
グローブ
送風機orうちわ(ローストした豆を冷やすために使用)
キッチンペーパーかタオル(自宅で、生豆の水気を拭き取る用)

アウトドアで焚火を利用した焙煎の仕方について

アウトドアコーヒー まとめ

アウトドアコーヒーは、魅力溢れる外遊びです。キャンプとセットでぜひチャレンジしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。