最新ギアをチェック

焚火とコーヒー アウトドアコーヒーを楽しむ5つの飲み方(抽出方法)

3 min
アウトドアでコーヒーを楽しむ

普段より早起きした朝のキャンプ場で飲むコーヒー…
星空を眺めながら過ごす夜のキャンプ場で飲むコーヒー…

アウトドアで飲むコーヒーってなんであんなに美味しいんですかね。

一口に「コーヒーを飲む」といってもいろいろな飲み方があります。焚き火と相性のいいコーヒーの楽しみ方をまとめました。

【注意】手軽なアウトドアコーヒーの楽しみ方から、下にスクロールするほどアウトドアコーヒー沼の深みが広がっているので十分にご注意ください。

既製品(缶・ボトルコーヒー)を温める

アウトドアでコーヒーを楽しむ

一番手軽にコーヒーを楽しめるのはこれです。買ってきたコーヒーをそのまま飲むということも良いですが、ホットならシェラカップに移し変えて温めなおして飲むのもオツです。

個人的にはアイス用よりホット用のものを温め直して飲む方が美味しく感じるのでおすすめです。

ドリップ式コーヒー

キャンプ用ケトルでお湯を沸かし、その場でドリップして優雅な時間を過ごすことができます。ドリップしている待ち時間がたまらない至福のひとときですね。

ドリップ式コーヒーの楽しみ方

必要なもの:水、お気に入りのマグカップ、ドリップパック、ケトル(キャンプ用)

ドリップパックの場合

アウトドアでコーヒーを楽しむ
  1. STEP

    キャンプ用ケトルでお湯を沸かす

    焚き火を利用し、キャンプ用ケトルで水を沸かします。

  2. STEP

    コップにドリップパックをセットする

    お気に入りのマグカップやコップにドリップパックをセットします。

  3. STEP

    お湯を注ぐ

    セットしたドリップパックにゆっくりお湯を注ぎ完成です。

コーヒードリッパーを使う場合

スノーピークのコーヒードリッパー

必要なもの:水、お気に入りのマグカップ、コーヒー粉、ドリッパー、ケトル(キャンプ用)

  1. STEP

    キャンプ用ケトルでお湯を沸かす

    焚き火を利用し、キャンプ用ケトルで水を沸かします。

  2. STEP

    コップにドリッパー、コーヒー粉をセット

    お気に入りのマグカップやコップに、コーヒー粉をのせたドリッパーをセットします。

  3. STEP

    お湯を注ぐ

    セットしたドリッパーにゆっくりお湯を注ぎ完成です。

その場で豆を挽くなら、お湯を沸かしているあいだにコーヒーミルを使って挽きます。香りが楽しめて最高です。

マキネッタ・直火式エスプレッソ

bialetty

マキネッタを使えば「エスプレッソコーヒー」も楽しめます。

直火式エスプレッソを楽しむ手順(ビアレッティ使用)

必要なもの:水、お気に入りのマグカップ、コーヒー粉、マキネッタ(ビアレッティ)

  1. STEP

    タンクに水を入れる

    ビアレッティの下部タンクを外し、中弁を超えないよう水を注ぎます。

  2. STEP

    フィルターバスケットにコーヒー粉を入れる

    コーヒー粉を入れたフィルターバスケットにすり切り入れ、タンク上に設置します。

  3. STEP

    タンクに上部を設置する

    タンクに上部(注ぎ口の部分)を回してはめます。

  4. STEP

    本体を火にかける

    火にかける際は、底より火がはみ出ないように気をつけてかけます(直火に当たると取手が溶けてしまいます)

    沸騰すると上部にコーヒーが噴き上がってくるので、それが完成の合図です。

パーコレーター

キャプテンスタッグ のパーコレーター

パーコレーターは「ドリップコーヒー」を楽しめます。

必要なもの:水、お気に入りのマグカップ、コーヒー粉、パーコレーター

  1. STEP

    水をケトルにいれる

    必要な量の水をケトルに入れます。目盛を見て必要量を入れましょう。

  2. STEP

    ストレーナーのバスケット内にコーヒー粉を入れる

    コーヒー粉は粗挽きが適しています。

  3. STEP

    ケトルにストレーナーをセットし、火にかける

    コーヒー粉を入れたストレーナーをセットし、火にかけます。

    抽出具合をフタ部分の透明なノブから確認し、完成です。

煮出しコーヒー(フィールド/焚き火コーヒー)

焚き火にケトルをかけ、粗挽きにしたコーヒー粉をダイレクトに入れて煮出す方法です。

野性感のあるコーヒーを楽しみたいならこちらがおすすめです。焚き火をしながら自分好みになるように工夫するのがポイントです。正解はありません。

必要なもの:水、お気に入りのマグカップ、粗挽きのコーヒー粉、ケトル

  1. STEP

    ケトルに水を入れる

    湧水など自然で手に入れた水だとより良いです。

  2. STEP

    粗挽きコーヒー粉を水の入ったケトルに入れる

    “ネズミが歩いても足が濡れないくらい”コーヒー粉を入れ(割と多め)、お好みで塩も入れます(隠し味程度)。

  3. STEP

    焚き火にかける

    ケトルを火にかけて、煮だったら完成です。

ネズミが歩いても足が濡れないくらい

スウェーデン式コーヒーの淹れ方-レンメルコーヒー-

まとめ

どんな方法でも外で、自分で淹れたコーヒーを飲むのは最高ですよ!

仕事に疲れたら、焚き火を見ながらコーヒーを飲んでチルってみてはいかがでしょうか。おすすめリラックス方法です。

お気に入りのアウトドアコーヒーの方法やマイルールがあればこっそり教えてくださいね。

豆を挽く時間も楽しい

焙煎された豆をキャンプ場でガリガリ挽く時間もとても楽しいです。

コーヒーミルのレビュー記事はこちら

アウトドア用のマグも一緒なら旨さ倍増

アウトドアでコーヒーを楽しむとき、てきとーなコップやましてや紙コップでは全っっっっっ然、味気が出ません!お気に入りのマグカップを見つけて育てましょう!

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。