最新ギアをチェック

めっちゃすっきり!焚火ギアはスノーピーク〈ギアコンテナUG-080〉にまとめて収納!

1 min
スノーピーク ギアコンテナ

焚火ギアをまるっと収納できる、ほどよいサイズのギアコンテナはとてもオススメです。

また、底がしっかりしている自立タイプにしっかり手持ちがついたコンテナなので車への積み込みもしやすくて利便性が高いです。

スノーピーク ギアコンテナレビュー

スノーピーク ギアコンテナ
使用サイズ重量
W380×D270×H310mm720g

BBQBOXの「焼武者」も収納できる多用途バッグとのことですが、その他の焚火道具を雑多にしまうのに適したバッグです。

グレー色が汚れが目立ちにくくかっこいい

黒や茶色が汚れの目立たない色なのは当然なのですが、このグレー色は絶妙に汚れが目立たないような配色になっています。

耐久性について

ギアコンテナの本体には420Dナイロンという素材が使用されています。

この420Dナイロンはバイクのカバーなどにも採用される素材でタフで水にも強いという特徴があります。

汚れても安心、汚れは拭きとりやすい

裏側にPVC(ポリ塩化ビニールコーティング)加工が施されています。多少汚れたギアをそのまま仕舞い込んでも、水気や汚れなどが拭き取りやすくなっています。またこちらは経年劣化が少ないという特徴もあります。

素材ワンポイントチェック
PVC(ポリ塩化ビニールコーティング):水・汚れ・傷に強く、柔軟に加工ができ、経年変化が少ない。熱や過度な摩擦には弱い

収納力について

なんでも入る大きさというよりは、焚き火用や料理セットなどカテゴリーごとに収納できるような使い方ができる大きさです。

ちなみにわたしは焚き火ギアをまるごと入れて持ち運んでいます。

上部がメッシュなので容量以上入る

上部がメッシュでできているので、荷物が探しやすいメリットもありますが、多少無理に荷物を入れ込むことができるのもうれしいです。

ポケットは付いていない

ポケットがないためマッチやライターなど小物などを収納する際は、バッグインバッグさせるためのポーチとかを用意したほうが良さそうです。

まとめ

焚火ギアがまるっと収納できるちょうど良いサイズのスノーピークのギアコンテナのレビューでした。

タフにできているので、ガシガシ使って使い倒しましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。