最新ギアをチェック

ミニ焚火?実はリッチな着火剤なんです。ペトロマックスのファイヤーキット

1 min
ペトロマックス ファイヤーキット着火

まるで焚火をするときのように木を組み立てる面白い着火剤です。1セット1回きりの使用なので一般的な着火剤に比べてかなりリッチな着火剤です。

ペトロマックスのファイヤーキット レビュー

ペトロマックス ファイヤーキット着火
サイズ重量
W75×D80mm50g

ファイヤーキットは、まず組み立てて、薪や炭などの火をつけたいものの下側に設置するという手間のある着火剤です。

「組み立ててから使用する」といっても、組み立ては単純で簡単なものです。

ちなみに、火がついた後に着火剤を取り出して消化しない限り、一度きりの着火剤になります。

ファイヤーキットの内容物

ペトロマックス ファイヤーキット内容物

・75mmの木(マツ)×6本
・台座
・木屑(台座に接着してある)
・マッチ×5本
・赤リン(マッチを擦る所)

マッチは、わりとすぐ消えます。5本入っているので木屑に火がつかずに消えてしまっても再チャレンジしてなんとか着火できます(今回は3本目でつきました)。全部着火失敗に終わる可能性もなくはないので、ベースとしてライターやファイヤースターターなどを持っていくと安心です。

組み立て秒⁈で超簡単

ファイヤーキットの組立方法

ペトロマックス ファイヤーキット組立

組み立てと言っても、内容物にある50mmほどの木を6本、台座に差し込むだけで完了です。1分もかかりません。

台座には木を差し込むくり抜きが6ヶ所あります。すかすかにならないよう小さめなので、台座を破かないよう気をつけてぐりぐり押し込みます。

台座への差し込みが終わったら、焚き火台や使用する場所へ設置し、台座に接着された木屑へ着火して使用するだけです。

ペトロマックスのファイヤーキットのまとめ

実際着火してみると、勢いがあり火柱がすぐにあがります。着火剤に火がついた後でも安全に留意すればグローブをして台座部分を持つことはできます。火力が結構あり着火剤としては問題なさそうです。

ランタンで有名な「Petromax(ペトロマックス)」が発売している着火剤ということで、興味を持ち使用してみました。

一般的な着火剤と比べて、一回きりしか使えないうえに価格が高いので、コスパが悪いのが難点です。ミニ焚火のようで見た目もおもしろいですし、一回使ってみてはとオススメしたい面白い着火剤です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。