最新ギアをチェック

キャプテンスタッグのケトル安いけどかなり使えるじゃん!

2 min
キャプテンスタッグのケトル

名の知れたアウトドアメーカーのケトルを探していたのですが、安かったのでこちらを購入しました。

ケトルの色がマットグレーのようなシックな色合いで、大人の雰囲気が漂うデザインなのも気に入っています。

使い勝手、コスパ、カッコよさどれも間違いなしです!

キャプテンスタッグ アルミキャンピングケットル

キャプテンスタッグのケトル
本商品名はケットル。つんとしたハンドルもかわいい。
使用サイズ重量
W130mm×D150mm×H77mm137g

見た目以上に軽い

色のトーンが低めなせいか重たそうに見えますが、見た目より軽く感じます。

ケトルの重さは137gということで単一電池1個分とほぼ同じです。単三電池に例えるとおよそ6本分になります。(最近では単一電池ってあまり見かけなくなった気がするので)

コンビニやスーパーで買えるセット売りになってるの持ってみてください。

サイズは700mlと1.3Lの2種類

ケトルのサイズは700mlと1.3Lの2種類あります。700mlだと満水容量が約700ml、適正容量は約550mlです。

カップラーメンだと300ml〜400ml、コーヒーだと150mlぐらいのお湯を使用しますので、ソロキャンパーなら700mlのタイプで問題ありません。

コールマンの同タイプとの比較

同じようなタイプのケトルはコールマンからもパックアウェイケトルという名で発売されています。購入前、あまりにも似すぎてどちらを買うか迷ってしまいました。

何が違うのか比較したのでよかったら参考にしてください。

比較項目アルミキャンピングケットル(キャプテンスタッグ )パックアウェイケトル(コールマン)
容量700ml600ml
使用サイズW130mm×D150mm×H77mmW150×D130×H80mm
重量約137g約150g
加工硬質アルマイト加工ハードアノダイズド加工
価格約1,600円約2,000円

表を見て分かる通りサイズ感はほぼ同じですが、軽さと容量の大きさ、価格はキャプテンスタッグのアルミキャンピングケットルに武があります。

パックアウェイケトルとの細かな違い

付属品の違い

コールマンのケトルには、”メッシュポーチ”が一緒に付いてきます。きゅっと閉まる片紐タイプで、キャンプ場で汚れたケトルもそのまま持ち帰れます。ポーチに入れてしまえばフタをなくさず済むので便利です。

デザインの違い

ハンドルに付いているシリコンが、コールマンは赤色(コールマンレッド)です。一方、キャプテンスタッグ のケトルは黒色です。

わたしの購入の決め手はここで、シックな大人な感じのケトルが欲しかったのでキャプテンスタッグのケトルにしました。

まとめ

コスパが良いのはもちろん、安い・軽い・かっこいい!と三拍子揃ったケトルなら、こちらがおすすめです!

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。