最新ギアをチェック

【溶けずに運搬】キャンプ場への氷とビールの持ち運びは任せろ!スタンレー 真空グロウラー

2 min
STANLEY 真空グロウラー

キャンプ場に氷を溶かさず持っていきたいとき、どうしていますか?近場のコンビニで仕入れてもいいでしょうがすぐに使わなければいけませんし、自宅からクーラーボックスで運ぶのは幅をとりますよね。

そんなときは「スタンレー真空グロウラー」にお任せしましょう!必ず期待に応える働きをしてくれます。冷たい氷をコップに入れて飲めたら最高じゃないですか?

氷だけではなく炭酸の持ち運びも得意なので、自宅からキャンプ場へシュワシュワのコーラやビールを持っていって乾杯することもできます!

スタンレー 真空グロウラー1Lの特徴

Stanley グロウラー
サイズ重量
W147×H252×φ102mm630g

「スタンレー真空グロウラー」の本来の用途は、ビールを持ち運ぶために生まれたアイテムです。なので性能としては、ビールの炭酸を逃さない密閉性と冷たいまま持ち運ぶことができる保温機能に優れています。

掛金付きのスクリューキャップ

STANLEY 真空グロウラー スクリュー

STANLEYクラシック真空グロウラーの一番のポイントです。この掛金付きのスクリューキャップが密閉性を生み、シュワシュワの炭酸を逃さずにキープすることができるというわけです。スクリューキャップを引っ掛けるときに少し力がいるのですが、そういうことなのです。

真空断熱構造でいつまでもキンキンのビールを楽しめる

真空断熱構造は多くの保温性能が優れたタンブラーなどに備わっている構造です。

ソロキャンプならサイズは1Lがgood

STANLEY 真空グロウラー 持ち運び
手に持ったときのサイズ感
STANLEY 真空グロウラー 蓋
蓋は厚めで、冷気を閉じ込める

「スタンレー真空グロウラー」は1Lと1.9Lの2種類が販売されているのですが、ソロキャンなら1Lで充分の氷を運搬できます。我が家の冷凍庫の氷サイズが(約)30mm角で一般的なサイズなのですが、だいたい40個分を入れることができました。

真空グロウラーにビールを入れて持ち込みキャンプ場で即乾杯!

グロウラーのメイン用途はビールなどの炭酸飲料の運搬です。キャンプ場に向かう途中で量り売りのクラフトビールを購入して、着いたらすぐに乾杯…って考えただけで最高なムーブですよね。

しかも「スタンレー真空グロウラー」ならその名の通り真空になっているので、冷たさのキープ力がすごいです。

スタンレー真空グロウラーまとめ

サイズは1Lと1.9Lの2種類展開ですが、ソロ〜2人で〜1泊なら1Lの方で十分です。

キャンプ場へ氷を持ち運ぶギア選びに迷ったら「スタンレー真空グロウラー」が超おすすめです!

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。