最新ギアをチェック

細かい焚火ツールの収納に!EDC(オーガナイザー)ポーチのおすすめ

3 min
EverydayCarry 図解

着火剤やファイヤースターターなど焚火ツールは小物が多く、自宅からカバンにガサッと入れてキャンプ場に行くと、着いてからあれこれ探すことになってスマートではありません。

かと言って100均の安いプラスチックケースは味が出ない。そんな悩みも解決できるアイテムがあります。

そこであると便利なのが、EDC(オーガナイザー)ポーチという収納ケースです。EDC(オーガナイザー)ポーチの解説とオススメをまとめました。

常に持ち歩くツールを収納オーガナイザーポーチ&EDCとは?

オーガナイザーポーチとは、簡単に言うと収納ケースのことを指します。普通のポーチとは何が違うのか、オーガナイザーポーチを説明するときには必ず「EDC」というワードがセットででてくるので合わせて説明していきます。

オーガナイザー(organizer)ポーチとは

「オーガナイザー(organizer)」とは、「(何かを)整理する」という意味です。

キャンプで使用するギア、特に焚火で使用する着火剤やファイヤースターター、マルチツールなど小さめなアイテムをまとめて整理するときに重宝するのがオーガナイザーポーチです。

また焚火ツールだけでなく、絆創膏や包帯、消毒液などをまとめた医療用セットや、包丁、スプーン、フォークなどカトラリーをまとめた調理道具などもそれぞれでまとめられます。

「EDC」とは、「常に携帯するもの」という意味

「EDC」とは海外のブッシュクラフト界隈ではよく目にするワードで、Everyday Carry(エブリデイキャリー)「常に携帯するもの」の略です。

一つのポーチにナイフ、マルチツール、ファイヤースターター、フラッシュライト、着火剤、ライター、パラコードなど、キャンプ場に行く際は必ず持って行く、これさえあれば最低限なんとかなるという物を収納します。

オーガナイザーポーチとEDCポーチの違い

オーガナイザーポーチとEDCポーチはどちらも、収納して持ち運ぶものとして言葉の使い方的にはほぼ同じですが、一般的にはオーガナイザーポーチはポーチそのものを指し、EDCポーチとはその中身も含めて指すことが多いです。

EDC(オーガナイザー)ポーチの用途

EDC(オーガナイザー)ポーチの用途は主に、カテゴリー別にまとめてバッグの中を整理し、目的のものをすぐに取り出して使いやすいようにしておくことです。

前述したEDC(オーガナイザー)ポーチの用途では、アウトドア・キャンプ(ブッシュクラフト、野営)を例に挙げましたが、EDC(オーガナイザー)ポーチの用途はアウトドアだけではなく、ビジネス用としても使われます。

ビジネス用のEDC(オーガナイザー)ポーチ

ビジネス用に使われるEDC(オーガナイザー)ポーチでは、充電ケーブルやワイヤレスマウス、USB、SDカードなどの小物をまとめたりすることが多く、「ガジェットポーチ」とも呼ばれることがあります。出張先などの出先でもスムーズに仕事に取りかかりやすくすることを目的とします。

EDC(オーガナイザー)ポーチの選び方

EDC(オーガナイザー)ポーチの機能は、複数のポケットや弾性ループが備わっていることが基本です。自分が必要なサイズ感やデザイン性などを選んで買うことになりますが、他にも注目したいポイントがあります。

それは「MOLLE(モール)システム」「PALS(パルス)ウェビング」かどうかというポイントです。

キャンプや焚火を始めたばかりだと聴き馴染みがないワードですが、EDC(オーガナイザー)ポーチの購入の検討に関わってくる要素なので簡単に説明します。

MOLLE(モール)システムとPALS(パルス)ウェビング

MOLLEシステムとは

EDC(オーガナイザー)ポーチを選ぶときに、よく目にするのはMOLLE(モール)システムです。

MOLLEシステムとはModular Lightweight Load-carrying Equipment(モジュール ライトウェイト ロードキャリング エクイプメント)の略称で、1997年以降アメリカ軍が採用している個人装備システムです。

簡単にいうと、統一した規格がありストラップベルトやマジックテープなどを利用して、バックパックにポーチを備え付けられるということです。

PALSシステムとは

PALS(パルス)システムとは、Pouch Attachment Ladder System ( ポーチ アタッチメント ラダー システム)の略称で、バッグパックやベストの表面に縫い付けられたウェビング(帯、モール)に対応するポーチなどを取り付けられることです。ウェビングの幅は高さ1インチ(約2.54cm)、幅1.5インチ(3.81cm)で等間隔に縫い付けられています。

つまり、MOLLEシステム≒PALSシステム

MOLLEシステムは特定のシステムのことではなく、PALSシステムを利用するすべての耐荷重システムやサブシステムを一般的に説明するために用いられるワードです。

ややこしいですが、「モールシステム」や「モール互換(対応)」と表記されている商品の場合は「ウェビングに対応している」ということです。

なのでEDC(オーガナイザー)ポーチを選ぶ場合はこれを参考にすることで、自分のリュックサックに取り付けられるか確認する際にポイントとなります。

オーガナイザー(EDC)ポーチのおすすめメーカー

オーガナイザー(EDC)ポーチを製造しているメーカーは、「MAGFORCE(マグフォース)」「MAXPEDITION(マックスペディション)」の2つが最もポピュラーです。

MAGFORCE(マグフォース)のオーガナイザー(EDC)ポーチ

MAXPEDITION(マックスペディション)のオーガナイザー(EDC)ポーチのおすすめ

どちらも基本的な性能は同じでデザインも似たようなものが多いですが、選ぶポイントは「サイズが自分の作りたいEDCに適しているかどうか」です。

買った後にアレコレ入らなくて全然使えなかった!などならないように、サイズ確認には注意しましょう。

まとめ

色々なギアを使い込んで洗練し、自分のお気に入りのEDC(エブリデイキャリー)を作りたいですね。

他の人のEDCを見るのはすごい面白いので、インスタやピンタレストなどのSNSでぜひ一度検索してみてください。自分のオリジナルを作ってみたい欲がふつふつ湧き上がってきますよ!

ぼくがピンタレストでまとめたEDCの画像ボードもリンクしますので、ご興味ある方はそちらもどうぞ見て行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。