最新ギアをチェック

【コンパクト王決定戦】700g以下!ミニミニ焚火台比較5選

4 min
コンパクト焚火台比較

コンパクト焚火台は、その手軽さに加え、シンプルさに工夫のつまったスタイルがなんとも魅力的でロマンがありますよね。

焚火台の組み立てやすさやフォルムのカッコよさ、コンパクトさを比較レビューしていきます。

かつ、今回比較する焚火台はすべて「700g以下」の超軽量タイプで、ソロキャンプに適したサイズのものをまとめています。

コンパクト焚火台比較リスト

比較したコンパクト焚火台は下記のものです。

・ミニミニKAMADO(ロゴス)
・ヘキサ/テトラ(SOTO)
・秘密のグリルちゃん(DOD)
・イージーファイアベース(キャプテンスタッグ)
・ファイアーディスクソロ(コールマン )

それぞれの焚火台の特徴とスペックをまとめました。総合得点は、◎:10点、◯:5点、△:3点、×:0点で算出しています。ご参考までにどうぞ。それではご覧ください!

コンパクト焚火台No1.ミニミニKAMADO(ロゴス)

ロゴス ミニミニKAMADO
焚火スタイルでの使用
収納サイズ使用サイズ重量
W86mm×D86mm×H25mmW86mm×D145mm×H89mm230g
ミニミニKAMADO(ロゴス)スペック表

ミニミニKAMADO(ロゴス)の得点と評価ポイント

ロゴス ミニミニKAMADO
調理スタイルでの使用

名前の通りカマドのようなカタチの焚火台で、付属のパーツを組み変えることで使用用途に合わせることができます。組立式のコンパクト焚火台の中では簡単に組み立てることができ、安定感があるので丈夫な使用感が◎。

収納組立カッコよさ使いやすさ価格

ミニミニKAMADOは、収納サイズは綺麗にたたむことで大変小さくなりますが、使用用途によって使うパーツが変わり、組み立て時に不要なものもあるので部品損失のリスクも否めないかなというのが若干のマイナス。

ロゴスブランドならではのデザインやロゴの入れ方、安心感ある作りなど評価ポイントはあるものの気持ちお高めな価格は△ということで、総合得点は21点です。

コンパクト焚火台No.2 テトラ(SOTO)

SOTO 焚火台 テトラ
収納サイズ使用サイズ重量
W88mm×D88mm×H4mmW88mm×D88mm×H79mm125g
テトラ(SOTO)スペック表

テトラ(SOTO)の得点と評価ポイント

SOTO 焚火台 ヘキサ
左がヘキサ、右がテトラ

コンパクトな焚火台の代名詞ともいえる「テトラ(SOTO)」は、同じ形のパーツを組み立てるだけのシンプルさがずば抜けています。やや組立てが煩わしい点を除けば超コンパクトで使っていて面白い焚火台です。

収納組立カッコよさ使いやすさ価格
×

テトラの評価ポイントはやはり収納サイズの薄さと価格です。ただ、組み立てのハードさ、薪サイズの調整の手間、火の調節のしずらさなど、簡単に楽しめるという「使いやすさ」の点では△です。「カッコよさ」でいうとカッコいいというより「かわいい」という感じなので△としました。

よって、総合得点は26点です。

同じくSOTOの「ヘキサ」はその一回り大きい(2パーツ分多い)焚火台ですが、こちらも下の記事からチェックできます。気になる方はご参考にどうぞ。

コンパクト焚火台No.3 秘密のグリルちゃん(DOD)

DOD 焚火台 秘密のグリルちゃん
収納サイズ使用サイズ重量
W300×D70×H40mmW340×D345×H195mm610g
秘密のグリルちゃん(DOD)スペック表

秘密のグリルちゃん(DOD)得点と評価ポイント

DOD 焚火台 秘密のグリルちゃん

メッシュタイプで軽く、足を開くだけで設営完了のシンプルな焚火台です。付属している焼網を支柱にセットすれば、直火でBBQはもちろんスキレットやケトルをのせて調理も可能です。焚火の火力調節もしやすくなっています。

収納組立カッコよさ使いやすさ価格
×

秘密のグリルちゃんは、コンパクト焚火台の中でも収納時と使用時でその大きさがだいぶ違います。その秘密は折りたためる脚です。改良されて、安定感がグッと高くなりました。薪もセットしやすいので調理していてもグッドな使い心地です。

ただ問題は焼網です。まずセットの手間があります。結構硬いです。それよりも更に使用後がハードで、すすがついてかなり汚れます。撤収をさっぱり簡素にしてしまいたいので片付けに時間をとられるのはかなりマイナスです。

同ブランドの「秘密のグリルさん」の網とゴトクがこのサイズにあれば最高です。総合得点は価格が足を引っ張っての21点。

コンパクト焚火台No.4 イージーファイアベース(キャプテンスタッグ)

キャプテンスタッグ イージーファイアベース
収納サイズ使用サイズ重量
W170×D170×H50mmW260×D260×H75mm200g
イージーファイアベース(キャプテンスタッグ)スペック表

イージーファイアベース(キャプテンスタッグ)得点と評価ポイント

ファイヤーサイド 着火剤

羽のように折り重なっているつぼみのような形状が特徴的な焚火台です。焚火台は、脚をつければ広げるだけで使えるので、キャンプ場に到着してすぐに使用することができます。

収納組立カッコよさ使いやすさ価格

価格と質に高評価なキャプテンスタッグから、その中でもイージーファイアベースは特徴的な形と価格でユーザーを満足させてくれる焚火台といえます。総合的に見ても使いやすい焚火台ですが、欲をいえば経年変化が楽しめる素材であるとなおいいなといったところで得点は28点です。

コンパクト焚火台No.5 ファイアーディスクソロ(コールマン )

コールマン ファイヤーディスクソロ
収納サイズ使用サイズ重量
W320×D320×H100mmW300×D300×H160mm620g(網込900g)
ファイアーディスクソロ(コールマン)スペック表

ファイアーディスクソロ(コールマン )レビュー

コールマン ソロディスク

組立は脚を開くだけで完了です。網と持ち運び袋がセットになって大変使いやすいシンプルな焚火台です。サイズ感がソロにピッタリで、使用毎に表面の使用感が変化して飽きがこないデザインです。

収納組立カッコよさ使いやすさ価格

ファイヤーディスクソロはなんと言っても抜群の使いやすさがあります。セッティングのしやすさ、持ち運びのしやすさ、フォルムの美しさ、経年変化、撤収のしやすさ、灰の処理のしやすさ、ソロに合ったサイズ感などなど…。価格は若干、気持ちあと少し安ければなという期待を込め△です。

今回の設定では700g以下ということで、本体のみでギリギリの重さながら総合得点は堂々の38点です。

ミニミニ!コンパクト焚火台のまとめ(一覧表)

ミニミニKAMDOテトラ秘密のグリルちゃんイージーファイアベースファイアーディスクソロ
メーカーロゴスSOTODODキャプテンスタッグコールマン
参考価格3,190円1,100円5,980円1,980円4,280円
収納サイズW86×D86×H25mmW88×D80×H4mmW300×D70×H40mmW170×D170×H50mmW320×D320×H100mm
使用サイズW86×D145×H89mmW88×D88×H79mmW340×D345×H195mmW260×D260×H75mmW300×D300×H160mm
重量230g125g610g200g620g(網込900g)
収納
組立×
カッコよさ
使いやすさ
価格×
コンパクト 焚火台レビューまとめ一覧表

以上で、◎:10点、◯:5点、△:3点、×:0点で総合得点を算出しました。(満点は50点)

総合評価

今回のミニミニ!コンパクト焚火台5選、気になる総合順位は

1位 38点 ファイアーディスクソロ(コールマン)
2位 28点 イージーファイアベース(キャプテンスタッグ)
3位 26点 テトラ(SOTO)
4位 21点 ミニミニKAMADO(ロゴス)
21点 秘密のグリルちゃん(DOD)

となりました!

※この評価はあくまで独自の使用感に基づき作成しています。

ソロキャンプに適したサイズのコンパクト焚火台をまとめました。新しいレビューは、ネクストランクインとなるミニミニ焚火台の登場(発売)とともに随時追加予定です。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。